Access

【店舗紹介】 

タイ・ベトナムレストラン クロープクルアは、東京浅草の商店街の中にあります。

銀座線浅草駅の1番出口を出て、かんのん通りを浅草寺方向に徒歩2分、右側の2階に見える赤いテントが目印です。

 

 
クロープクルア外観top.jpg

 

 

【アクセス】 

地下鉄銀座線浅草駅 1番出口 徒歩2分

東武伊勢崎線浅草駅 松屋出口 徒歩2分

都営地下鉄浅草駅  徒歩3分

つくばエクスプレス浅草駅 徒歩5分

 

【所在地】

〒111-0032 東京都台東区浅草1丁目33−4 斉藤ビル 2F

【お問い合わせ・ご予約】

tel & fax: 03-3847-3461
email: tvk@khroopkhrua.com

ご予約はこちらからどうぞ!(ぐるなび)

ぐるなびHP.png



【営業時間】

 ランチ  11:30~14:30 (ラストオーダー 14:00)

 ディナー 17:30~22:00 (ラストオーダー 21:00)  ※テイクアウトのL.Oは20:00です。

※コロナ禍にあるため、感染状況により、都度、営業時間の変更がある旨、ご了承ください。

 

【定休日】 

 火曜日および月曜日のディナーはお休みです。

※月曜日が祝日の場合はランチ・ディナーともに営業します。

 

 

【オーナーシェフ紹介】

シェフ写真02.jpg

 20代半ば、都内のホテルでフランス料理や宴会料理を担当する調理シェフだった頃、バックパッカーでアジア各国を旅するようになる。その時にさまざまなアジアン料理に出会い、昔の日本を思わせるのどかな風景に癒されるだけでなく、食べ物にも同じようなリフレッシュ効果があることに感銘を受ける。「野菜や香草を多用したヘルシーさだけでなく、お粥、スープ・ヌードルなど、調子が悪いときにも体に取り入れやすい料理が豊富。心や体を『食べて癒す』発想は、自分が学んできたフランス料理にはなかった。」そして30歳になったのを機にホテルを辞め、「自分の心や体が素直においしいと思えるアジアン料理を提供したい」とタイ・ベトナム料理に転向。「エスニック食堂」(銀座)、「ディシェット・ティエンドン」(お茶ノ水)などで修業を重ね、96年に「Tetes(テテス)」(西麻布)のオープニングシェフに迎えられる。

 

そうして2001年5月、35歳で独立し、地元・浅草に「クロープクルア」(タイ語で家族の意)を開店。以後、毎年1、2回、必ず現地に足を運び、新しい料理や食材を学んで帰る。それが季節のおすすめなどに反映され、「現地にはあるけれど、日本ではなかなかお目にかかれない料理が味わえる」と、エスニックを食べ慣れた人たちにも大いに評価されている。最近では、体に優しいナチュラルな食材を使い、ベジタリアン、ヴィーガン、グルテンフリーのメニューも積極的に取り組んでいる。

髙梨 勇   Isamu Takanashi

 

 

【マダム紹介】

マダム紹介チキンロゼ.jpg

バイリンガルを生かしたオフィス業から、クロープクルアのオープンと同時に飲食業に転身。地元浅草にて、シェフと共に老舗エスニックの看板を守りつつ、斬新なアイデアも提供し続けている。 

ソムリエエクセレンスとしてもお店に貢献。

髙梨 よし惠  Yoshie Takanashi

 

【地図・MAP】